アンカーボルト・防護柵根入れ作業

超音波(弾性波)を用いた測定装置を利用、ガードレールや街路灯、雪崩防護柵等の根入れ深さを測定することです。
平成22年3月に国土交通省の通達により鋼製防護柵の出来高管理は原則的に非破壊試験が適応することになりました。また平成24年6月21日の改訂により測定の対象と適用範囲が変更されました。